【濃溝の滝】アクセスや混雑情報、口コミはここ

濃溝の滝 アクセス 車

千葉県君津市の清水渓流公園にある「濃溝(のうみぞ)の滝」。都心からわずか1時間程度という、アクセスの良い隠れ秘境があります。以前よりインスタグラムなどSNSでじわじわ人気が出てきていました。たくさんの人が美しく神秘的で幻想的な写真をとっているのをみて「千葉のジブリ」とも言われているそうですよ!!

ここではアクセス方法や混雑情報、口コミをご紹介しますね。

濃溝の滝のアクセス方法は?



「清水渓流公園」内にある濃溝の滝。東京からはアクアラインを経由すればおよそ1時間という近さです。車で行く際は、ナビの目的地を「濃溝温泉 千寿の湯」に設定すると迷わず行けます。アクアラインから降りるのは君津インター。千葉の山間を通る房総スカイラインから県道24号線の先に「濃溝温泉 千寿の湯」という温泉施設があります。この「濃溝温泉 千寿の湯」の駐車場からまっすぐに遊歩道を行くと「濃溝の滝」に行くことができるんです。

公共機関の電車やバスでいくと1時間では無理のようです。昼食付きのバスツアーも組まれていて、出発地も、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城と関東各地から選べるのでぜひチェックしてみてくださいね!

混雑はどれくらい?

駐車場の混雑

最近、テレビでも放送されたそうで、日曜日は朝8時半で駐車場が満車だったとか。臨時駐車場が3つも増設されるほど混んでいることもあるようです。日の出の時間帯の写真を撮ろうと、早朝から三脚を立てて待っている人も大勢だそうです。

ただ、日によっては人が少なくてゆっくりと楽しめることもあるそうで、ブームがどれだけ続くかがポイントですね。

行った人の口コミを紹介

濃溝の滝 地図

★「滝の正面の絶景スポットから撮るには少し川の水に入らないといけません。準備万端な方は長靴を履いて三脚で写真を撮られていましたよ。長靴かビーサン持参がオススメです。」

★「太陽の光の入り方が季節と時間帯によって異なるようで、刻々と変わる様子を撮っている方もいました。キレイな場所だったのでぜひ記念撮影をしてくださいね♪」

★「350年程前の昔、ここの山間を房総方面に向けて道路の整備をする際に、川廻しの工事がおこなわれ、そのときに削られた岩盤の高低差が滝になったのが『濃溝の滝』なんです。昔は秘境でしたが今では遊歩道が整備されていて素敵な景勝が見られる場所なんですよ。行きやすいので、よく行っています!」

★「『ジブリっぽいスポット』というのをネットで見て行ったら大混雑でした。最寄の駐車場に入れようと並ぶよりも、100mも行かないところに舗装されてないけど駐車できるので、渋滞の原因になる前に亀山湖方面に向かうのをお勧めします。」

★「5月初旬に行きました。ネットで話題になっていたところですが、日曜日でも人は少なくてゆっくりと楽しめました。駐車場から4~5分歩くと「濃溝の滝」に着きます。千葉県にこんな絶景があったのかと思うくらい素敵な景色です!」

★「天気が良かったので陽の差し込む滝の景観が素晴らしかったです。春、夏、秋と季節ごとに景色を楽しめる場所だと思います。次回は秋の紅葉時期に行ってみたいです。」

いかがですか?時間により、また季節により、さまざまに表情を変える滝の趣を写真におさめたいと、たくさんの人が訪れているようです。秘境といっても歩く距離は少ないので、この機会にぜひ行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク