【洒水の滝】アクセスや駐車場情報は? 夕日の滝もオススメ!!

洒水の滝

洒水の滝は、神奈川県足柄上郡山北町平山にある東京から日帰りで行けるパワースポットです。なんでも鎌倉時代に名僧侶文覚上人が修業した滝であり、酒匂川の支流にかかる落差69メートル、16メートル、29メートルの3段に分かれ落下する滝で、日本の森滝渚100選にも選ばれています!

洒水の滝へのアクセス方法

洒水の滝

洒水の滝へのアクセスですが、公共交通機関の場合、JR御殿場線「山北駅」からバスで10分下車後徒歩5分です。山北駅から歩いた場合は徒歩40分程度かかります。

車の場合、246号線から南へ進むと「酒水の滝」という看板があるので、右折して200メートル位進むと入口があります。



洒水の滝の駐車場情報は?

洒水の滝

無料駐車場は、普通車8台・大型車6台分あります。入口を入ったところに旅館があり、食事だけでもOKですし、有料駐車場は300円です。

洒水の滝

洒水の滝の水は名水百選にも選ばれていてたくさんの人がペットボトルに水を汲んでいます。滝の近くには、茶房さざれ石というお蕎麦やコーヒーを出してくれるお店があります。洒水の滝があるのと近い南足柄市矢倉沢にある夕日の滝は毎年1月15日に太陽が滝口の中央に沈むということで夕日の滝と名付けられたそうです。

洒水の滝は明石家さんま、キムタク、オードリー春日など多くの有名人が滝業を行ったことでも有名です。洒水の滝と夕日の滝は、車で行く場合には、はしごするのも良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク